遺言 | 遺言・成年後見人の事なら宇都宮の行政書士 戸張事務所にお任せください。

お電話でのお問い合わせはこちら 028-623-1020 お問い合わせ

遺言 | 遺言・成年後見人の事なら宇都宮の行政書士 戸張事務所にお任せください。

トップページ >> 遺言

思いを伝える ~相続で争い招かぬために~

遺言をする人が増えています

遺言は、あなたが一生涯をかけて築き上げ、大切に守り続けてきた財産を円満かつ有意義に譲るために必要不可欠です。
遺言がないため、遺産分割をめぐって、身内の間で紛争が起こることもあり得ます。仲の良い身内の方々が、あなたの遺産をめぐって、いがみ合い争うことを避けなければなりません。
遺言をすることによって、自分の思いを伝えることができ、紛争を未然に防止することができるのです。

次のようなとき、特に遺言が必要です

※法律の定めと異なる配分をしたいとき。
⇒配偶者に多くを残したいとき。
※個人事業の継続を希望するとき。
 ⇒相続させる財産を指定することによって、事業に必要な財産を一体として残すことができます。
※恩のある方・内縁の方・施設などに遺産を贈りたいとき。
⇒推定相続人以外の人に遺産を贈りたいなら、遺言が必ず必要です。

遺言には一定の方式があります。
遺言は民法に定める方式に従わなければ無効です。行政書士 戸張事務所にご相談ください。

普通の方式による遺言には3種類あります

1.自筆証書遺言
遺言者が全文、日付及び氏名を自書し、印を押します。

2.公正証書遺言
①証人2人以上の立ち合いが必要です。
②遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授します。
③公証人が、遺言者の口述を筆記して、遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させます。
④遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、署名し、印を押します。
⑤公証人が上の4つの方式に従って作成したものであることを付記して、署名し、印を押します。

3.秘密証書遺言
①遺言者がその証書に署名し、印を押します。(署名以外は自筆でなくても可。)
②遺言者が、その証書を封じ、証書に用いた印章で封印します。
③遺言者が、公証人1人及び証人2人以上の前に封書を提出して、自己の遺言である旨とその筆者の氏名及び住所を申述します。
④公証人が、その証書を提出した日付と③で遺言者が申述したことを封紙に記載した後、遺言者及び証人とともにこれに署名し印を押します。

メリット デメリット
自筆証書遺言 秘密が保てる
手軽に作成できる
方式不備のおそれ
紛失のおそれ
公正証書遺言 内容・保管が確実 手続きが面倒
証人に内容が知られる
秘密証書遺言 秘密が保てる 手続きが面倒
紛失のおそれ

「デメリット」は解決できます。
・方式不備のおそれ⇒行政書士 戸張事務所が懇切・丁寧にサポートいたしますので、有効な遺言を作成できます。
・紛失のおそれ⇒行政書士 戸張事務所が遺言執行者として大切に保管します。
・手続きが面倒⇒行政書士 戸張事務所が公証人との事前打ち合わせ等を責任もって行います。
・証人に内容が知られる⇒行政書士 戸張事務所が証人として立ち会えば、行政書士には守秘義務がありますので、内容が漏れることはありません。

ページトップへ
ページトップへ